TYPICA編集部

2019.06.16

【トップ100・グローバル・チャート】今週のピックアップ(06/16付)、Joji / GoldLink / Free Nationals, Mac Miller, Kali Uchis / (Sandy) Alex G

毎日更新されるTYPICAオリジナル楽曲チャート。チャートにランクインされた楽曲のなかから、特に注目の楽曲をまとめてピックアップします。



Joji / Sanctuary

大阪府出身、NY・ブルックリンを拠点に活動しているシンガーソングライター / ラッパー、Joji(ジョージ)。06/14(Fri)にリリースされた待望のニュー・シングルが、チャートにランクインされました。

オリジナルとしては、2018年にアジア出身アーティスト初となる全米R&B / ヒップホップ・アルバム・チャート1位を記録したデビュー・アルバム『Ballads 1』以来となる、およそ8ヶ月ぶりの新作に。今年4月には『Ballads 1』の未収録トラック2曲と「CAN’T GET OVER YOU (Channel Tres Remix) 」を収録したEP『LOST BALLADS』をVHSのみで限定リリースするなど、独自の活動を続けてきました。

本楽曲「Sanctuary」は、メロディアスなファルセットが響き渡る壮大なバラードとなっており、リリックでは想いを寄せる相手に心中を吐露するような内容に。「Sanctuary」(聖域)を精神的に満たされる居場所になぞらえ、自分自身が相手にとっての聖域となることを望んでいるかのように感じさせます。

そしてリリース当日に公開されたMVでは、人気SFシリーズ「スタートレック」を想起させるような世界観となっており、Jojiを基軸としたSFストーリーが展開されています。あわせてぜひチェックを。



GoldLink / U Say (feat. Tyler, The Creator & Jay Prince)

米ワシントンD.C.出身のラッパー、GoldLink(ゴールドリンク)。06/12(Wed)にリリースされた待望のニュー・アルバム『Diaspora』からのリード・シングルが、チャートにランクインされました。

オリジナル・アルバムとしては、2017年にリリースされた3rdミックステープ『At What Cost』以来となる、およそ2年ぶりの新作に。2018年には、Miguel(ミゲル)をフィーチャーした「Got Friends」や、Silk City(シルク・シティ)、Desiigner(デザイナー)をフィーチャーした「Loud」などのシングルを多数公開。今年5月末に、本人のSNSアカウントを通じてニュー・アルバムのリリースがアナウンスされ、リード・シングル「Zulu Screams」「Joke Ting」「U Say」を経て公開されました。

アルバムのゲストには、Khalid(カリード)、Pusha-T(プシャ・T)、Tyler, The Creator(タイラー・ザ・クリエイター)、Jay Prince(ジェイ・プリンス)、WSTRN(ウェスタン)、Bibi Bourelly(ビビ・ブレリー)に加えて、香港出身のラッパー・Jackson Wang(王嘉爾)など多数参加。TylerならびにJay Princeとの初のコラボ・シングルとなった本楽曲「U Say」では、スムースかつトロピカルなダンス・トラックが展開されており、それぞれのバースでは女性との熱いエピソードが交わされています。

そして先日アナウンスされた、Tylerの「IGORツアー」のサポート・アクトに、Jaden Smith(ジェイデン・スミス)、Blood Orange(ブラッド・オレンジ)とともに参加が決定。今年に入って〈88rising〉との契約が噂されているなか、引き続き高い注目を集めている模様です。



Free Nationals, Mac Miller, Kali Uchis / Time

Anderson .Paak(アンダーソン・パーク)のライブ・バンドとしてお馴染みの4人組、Free Nationals(フリーナショナルズ)。06/12(Wed)にリリースされた待望のニュー・シングルが、チャートにランクインされました。

バンド・メンバーは、Jose Rios(Gt)、Ron Tnava Avant(Key)、Kelsey Gonzales(Ba)、Callum Connor(Dr)で構成。インタビューによれば、2007年ごろから現在のメンバーが徐々に集結していき、いくつかセッションを重ねるうちに楽曲制作を開始。その後「Anderson .Paak and The Free Nationals」として数々のライブやレコーディングを支えるバック・バンドとして注目を集めるなか、2018年にはデビュー・シングル「Beauty & Essex (Unknown Mortal Orchestra & Daniel Caesar)」をリリースしたことでも話題となりました。

本楽曲「Time」には、昨年にデビュー・アルバム『Isolation』をリリースしたコロンビア系アメリカ人シンガー・Kali Uchis(カリ・ウチス)に加えて、同年9月にオーバードーズによって逝去してしまったラッパー・Mac Miller(マック・ミラー)が参加。生前にレコーディングされたという本楽曲は、今年になってオンラインに浮上していた未公開音源「Benji The Dog」を除けば、Macにとって死後にリリースされた最初の公式音源とのことです。

そして以前からリリースが期待されている、Free Nationalsのデビュー・アルバムには、Chronixx(クロニックス)、Benny Sings(ベニー・シングス)、JID(ジェーアイディー)、Syd(シド)が参加している模様。現在もリリース日が明らかにされていないなか、今後さらなるアナウンスが待たれます。



(Sandy) Alex G / Gretel

米ペンシルベニア州ハーバータウン出身のミュージシャン、Alexander Giannascoli(アレックス・ジアンナスコーリ)によるソロ・プロジェクト、(Sandy) Alex G((サンディー)アレックス・G)。09/13(Fri)にリリースされる待望のニュー・アルバム『House of Sugar』からのリード・シングルが、チャートにランクインされました。

オリジナル・アルバムとしては、2017年に各メディアの年間ベスト・アルバムに多数選出された7thアルバム『Rocket』以来となる、およそ2年ぶりの新作に。2018年には、Oneohtrix Point Never(ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー)『Love In The Time Of Lexapro』の収録曲「Babylon」への参加や、Porches(ポーチズ)『The House』の収録曲「Leave the House」にバックコーラスとして参加するなど、他アーティストとのコラボ・ワークが続いていました。

インタビューによれば、本楽曲「Gretel」のコンセプトはグリム童話「ヘンゼルとグレーテル」の再解釈であることをコメント。アルバム・タイトルやリリックにある「House of Sugar」は、作中に登場するお菓子の家を指している模様です。

そして、本楽曲のリリース当日には本人出演のMVも公開。引き続きニュー・アルバムの続報が待たれます。


以上、今週のピックアップでした。

Text by Ishikawa Takato
Link:TYPICA TOP100(グローバル)


関連する動画

artwork

No title

Unknown artist

00:00
00:00
00:00
00:01